ふぁるまちすたあぽてーかー ~薬と本とときどき彼女~

このブログでは薬学的なこと趣味の読書(漫画含む)、ときおり彼女との話を書いてます

アンサングな病院薬剤師のオススメ漫画~僕らはみんな河合荘~

緊急事態宣言は解除され徐々に街に行く方も増えてきてくるのではないかと思います。

それでも、まだ外出を控える方もいると思います。

自粛生活で疲れた、気分が落ち込む

下ネタで気軽に笑えて、ヒロインや登場するキャラクターが魅力ありすぎる・・・

本日はオススメの漫画を紹介したいと思います。

少し古めになってしまいます。

漫画はすでに完結していて、巻数も11巻と比較的購入しやすく、読みやすいボリュームなのではないかと思います。

アニメにもなっているので、そちらもぜひぜひ見てほしいです。

ヒロインの声は花澤香菜さんが担当しており、可愛さ2倍以上に仕上がっています(笑)

紹介するのは

 

‘僕らはみんな河合荘‘

 

です!

下ネタが大丈夫な方、もどかしい恋をみていてイライラしないかた、重度のツンデレに耐えられる方で、最近笑いが足りていない方はぜひオススメです!

 

この漫画からは

好きなものに愚直に真っすぐにかっこつけずに向き合うことが大事なんだと

学べます(笑)

 

後半になるにつれてヒロインの可愛さが増してくるところが

もうたまらなくいいんです。

最終巻の最後のお話を読んだ時に僕はヒロインの可愛さが最高潮を記録しました。

もし読み始めた方がいれば根気強く最後まで読んでほしいと思います。

後半になれば読むのがもう止まらなくなります(僕は最初から止まりませんでしたw)

そして、話がほぼシモに折れていくので、笑えること間違いなしです。

 

主人公は高校生1年生の男子の宇佐くん

宇佐くんの目標は知的で清楚な彼女を作って青春の日々を過ごすことです。

 

下宿先には理想の女子、ヒロインで宇佐くんの先輩の河合律ちゃんがいます。

このヒロインはプロぼっちです(笑)

河合律こと通称りっちゃんはプロぼっちなので人付き合いが苦手で、本が友達の女の子です。

本がすごい好きなので本人はプロぼっちであることは気にしていません。

この難攻不落のりっちゃんを主人公の宇佐が愚直なまでに真っすぐにぶつかっていく

自分も見習いたいなと思えるはずです!

 

下宿先にいる住人は全員個性にあふれていて、むしろ僕らはみんな河合荘をすすめるのならば住人全員について語らねばならないところですが、ここはぜひ読んでほしいと思います。

ラブコメだとヒロインが複数人でてきて主人公が揺れ動く姿が定番かと思いますが、これはヒロイン一択のお話なので推しの問題が発生しないのでとても気持ちが楽になります!(笑)

 

糖度低めのシモネタ多め、だけど笑える、元気になれる

そしてりっちゃんの可愛さに悶えてしまう

そんな漫画になってますのでぜひオススメです!