ふぁるまちすたあぽてーかー ~薬と本とときどき彼女~

このブログでは薬学的なこと趣味の読書(漫画含む)、ときおり彼女との話を書いてます

「話す力」が面白いほどつく本

どーも

じゅんじゅんです

本日は僕が読んだ本の紹介です。

 

紹介するのはタイトルの通り

 

「話す力」が面白いほどつく本

 

です!

 

なぜこの本にたどり着いたのか

 

タイトルでこの本一冊でなんとかなりそうって思ったからです(笑)

実際は・・・どうなんですかね( ゚Д゚)

でも、読んでから少し手ごたえみたいのはあったので、少しは身になったのではと思います!

 

f:id:junjun24:20200515235427j:plain

 

就職して間もなく、僕は悩んでいました。

 

上司とうまく話せない・・・

 

友達は自分で言うのもなんですが比較的多かったほうでした。

コミュニケーションで困ったことは特に今までなく、自己紹介で書きましたが中学で一瞬いじめのようなものに合いましたが、小中高大と友達に囲まれて過ごしていたと思います。

日常の会話だったり、相手の話を聞いて相槌を打つなど苦手ではなかったですし、猫被るのも得意だったので、友達を作るということに関してはむしろ得意!と自負していたくらいです(笑)

しかし、上司と話すことはコミュニケーションがとれるとはまた別の話でした。

上司と日常会話については特に問題なくできていた・・・と思っているのですが(笑)。

仕事の話はかみ合わないことが多かったというか、僕が思っていることを伝えられないこと、理解しているかどうか上司が判断できないことが多く、上司が浮かない顔をしているところをよく見ていました。

ちょっと自分では対処できないと思い、本を読むことにしたんです。

 

いざ本を購入しようと本屋にいくと人に伝える、コミュニケーション論の本は山ほどある・・・

ぼぉーっとたくさん並んでいる本を見ていると一冊目に付くタイトルがあったのが今回紹介する本です!(笑)

社会人になってぶつかると思っていなかった壁を超すために藁にも縋る思いで購入しました。

 

読んでみるとなるほどな、こういう話し方している人いる、礼儀正しさはここから感じてたのかと感心することや発見がたくさんある本でした!

話し方に困っている、自分の言っていることがなかなか伝わらないと思っている方がいればぜひ読んでほしい本です!

 

 では、本題です!(笑)

 

カバー裏にですね

話す力を鍛えると、まさに人生が‘いいことづくめ‘

 

って書いてあるんですよ。

たしかに相手意図を汲み取りながら適切な言葉を選択し、話す力があれば相手にはいい印象をあたえることができますし、言葉をつかえる人は信頼されていくだろうなぁと思います。

カバー裏をみただけでこれは読んでおこうって思いますよね(笑)

 

‘いい印象‘作るのは「こんなちょっとしたこと」

上手な言い方には3つポイントがあると書かれています。

1.相手サイドに立った言い方

2.肯定的な言い方の工夫

3.視点を変える言い方の工夫

まず自分の意見だけ話してもなかなか伝わらないものです。

相手はなにを求めているのか、どういう状況なのか考えて話さなければいけません。

また、マイナスな発言ばかりだと、周りに伝染してしまうものでいい効果は得られないことが多いですよね。

マイナスをプラスに変えるような発言であればさらに会話が続くような気がします。

 

朝一番の「やる気」が湧き上がる会話術

挨拶は大切ですよねってことです(笑)

病院で働いていると様々な職種の方と出会う機会が多いです。

やはりさわやかに挨拶されるといい印象を植え付けられるとともに、話しやすい人なのかなと思わせられます。

下を向いて聞こえないくらいで、挨拶をする人にはやはり話しかけづらいですよね。

中には苦手な方もいると思いますが、挨拶したことがわかる程度には相手を見て、挨拶しましょう!返事が返ってこない・・・そんなときもあると思います。いいんです!自分は良いことをしているのだから粘り強くやりましょう。

本の中にはあいさつについてこう書いてあります

 

あ 明るく、さわやかに

い いつでも、どこでも、誰とでも

さ 先に、先手で

つ 続けて、粘り強く

 

 

言葉は‘自分の思い通りに伝わらない‘のが大前提

話せばわかるそんなことを思っていても伝わらないこと多いです。

伝わらないことが前提の上で、相手の意図をくみ取り、自分の意見をまとめいかにポジティブな表現で言葉にするか考えなければいけないと思います。

この本を読むまでは、自分の思い付きで言葉にしていることが多く、話がまとまっていない、話の順序がばらばらということがしばしばありました。

 

この本をきっかけに、上司と仕事の話においても会話できるようになってきました。

徐々に仕事内容を把握してきたことも大きかったと思いますがw

 

なかなか自分の意見が伝わらない、話すのが苦手だなという方には読んだら一つでも発見があるんじゃないかなと思います。

少し古い本ですが読んでいて面白かったです!